☆笑う門には福来る☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ、やっとのことで、アテネに向かいます。

アテネへ

ギリシャは交通費が安いです。そしてバスが発達してます。

この日は電車でアテネに向かう予定だったのですが、満席ということで、メテオラ行く時もお世話になった、バス乗り場で食べ物売ってる優しいおっちゃんにまたお願いすると、コレに乗ればアテネ行けるから!と、親切にチケットから何から、手配してくれました。

ギリシャ、結構親切な人が多いです。



アテネに着いたのは夜だったので、観光は次の日にして、早速ご飯と酒にありつこうと散策。

さすが、観光地。

どこのレストランでも日本語のメニュー置いてあるし、

「ココ、オイシイ!!サービス、スル!!!」

という風にめっちゃ強引に誘われます。あー、韓国を思い出す。

アテネ

こういう狭い感じの路地にたくさんの飲み屋さんが並んでます。

テラスがあるところに入りました。

アテネ

そこから、なんとライトアップされた、パルテノン神殿が!!

アテネ

気分よくなっちゃったので、ギリシャワインをボトルで頼み、堪能。


帰り道、お土産やさんを物色中、ギリシャ神話の神々を見つけました。

これ買って、私の練習のお供にすればよかったかなーなんて。
アテネ

『音程悪いよ。』って神様が言ってる!!!笑








スポンサーサイト
メテオラの続きです。

じゃんじゃん写真のっけます。

メテオラ

この先は崖ですよ。なんか、靴だけが揃えて置いてありそうな……

こんな危険なところに、簡単に人が入れてしまう。ちょっと怖い。

メテオラ

こんな感じのところを永遠と階段を登って次の修道院を目指します。


メテオラ

上に到着!

写真に写ってるのは私ですが、このダサいロングスカートは私服ではありませんから!

修道院は女性はスカートをはかなくてはいけません。借りれます。

私はジーンズはいてましたが、ズボンもだめ、肌も見せちゃだめみたい。

コレ言っとかないと、何?このスカート!?だっせー!とか思われたらやだから…(笑)

この写真、岩が向こうまで続いてるように見えますが、実は私のちょっと向こうは崖になってます。

こんな風に↓
メテオラ

ここから先はどうやったって、いけませんでした。恐ろしすぎる…


メテオラ

帰りは歩いて、岩山を下ります。

ガイドブックに地図が載ってるわけではなかったので、とりあえず町を目指して、行き当たりばったりで山を下りました。

メテオラ

下から見た岩山の数々。

メテオラ

途中、ハートの形をした花を発見!!

メテオラ

無事、街に到着!!!

メテオラという街に行ってきました。

岩山がこんな感じで突如として現れます。

メテオラ

この岩山の上に数々の修道院があります。そこに行ってきました。


メテオラ

こんなにおいしい空気は吸ったことがない!くらい空気がおいしかった。

メテオラ
上からの眺め。結構ちいさい。そして家の色がかわいい。


メテオラ
天気もよかった!

メテオラ
ピンクのたんぽぽ。


ギリシャはみんなカフェが大好き。

ドイツに来た時も、外でカフェしてる人多くて、びっくりしたけど、それ以上です。

平日の昼間なのに、みんな仕事はどうしたのでしょうか??

ギリシャのカフェ

とにかくすごい人、人、人。


そして、ココアを頼んでみました↓

ココア

ココアというより、どろどろに溶かしたチョコレートでした。



グリークコーヒー(ギリシャのコーヒー)を頼んでみました。

グリークコーヒー

コーヒーというより、粉でした…。

インスタントコーヒーだと思って、お湯いれたら、インスタントじゃなくて、粉がとけなかった感じ(笑)


もう長いこと更新してませんでした。

日本帰ったり、ギリシャに行ったり、文章を書くエネルギーがありませんでしたが、もうそろそろ復活します。

とりあえず、ギリシャの旅行記でも書いていこうかな…。

Hannoverからギリシャのアテネに次ぐ第2の都市「テッサロニキ」に向かいます。

第2の都市なんだから、駅とか、きっと大きいんだろうなー…

テッサロニキ駅

あれ???

テッサロニキ駅

何?この電車!?汚すぎ…。

電光掲示板すら、機能してないんですけど…。



目的地の超ど田舎に到着して、乗ったバス。

ラリッサ

なんかどっかでみた感じのバスだなー。

ドイツにいる人ならわかるかもしれません。

ラリッサ

もしや、ここはドイツ語圏!?

と、思ってしまいましたが、ドイツの中古バスを使っているようでした。



と、まだまだ続く予定のギリシャ旅行記…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。